2016/05/16

【信on山吹】大沼樹(おおぬま いつき)

氏名:大沼 樹(おおぬま いつき)
所属:浅井家(奉行)
特化:暗殺奥義
LV:LV65(2016年5月31日現在)

3rdアカウントの3キャラ目です。

大沼樹

名字の由来はこちら。
地名としては東大沼と西大沼の二つありますが、これもそのままだと名字としてはしっくり来ないので、単に「大沼」としています。
東大沼のマップはこちら。

で、西大沼はこちら。

里を卒業してから一時期伊賀忍に仕官していましたが、足利家に仕官している双葉の目付試験マゲ要員として、当時足利家と敵対していた朝倉家に身を寄せていました。
忍者のフットワークの良さを生かして、双葉と並ぶ谷川家の遠足偵察担当でもあります。
キャラ声は男12番の声なので、特化5の紫燕殺を覚えるまではひたすら暗殺乱舞で「ウケテミヨー!ウケテミヨー!」って叫んでましたw
特化5を覚えるあたりから評定の軍事クエが非常に楽になりましたね^^

当時一門未加入だった北里と鵜野森のダブル盾鍛冶が身を寄せる一門を探しており、鍛冶の二人は
・両替と炉の間が遠くない
・炉まで鍛冶材料屋を引っ張っていける
の条件があったので、候補として足利(京都)や浅井(小谷)、織田(那古野)あたりが候補でした。

二人の一門を探す頃には既に双葉とマゲ交換は完了しており忍者二人は目付に昇進していたので移籍にも支障の無い状態でした。
方針としてはまず大沼でこれはと思った一門を探し、一門の雰囲気が合えば北里と鵜野森の二人も加入させてもらう所存でした。
今入ってる一会衆はかなり良い雰囲気なので、大沼だけでなく北里と鵜野森の二人もお世話になっております(^^ゞ

一門へは大沼が最初に加入したので、一門加入後しばらくの間は北里でログインしても「大沼さん」、鵜野森でログインしても「大沼さん」、私設に他一門のキャラで入っても「大沼さん」と呼ばれていたので、何かかなりこそばゆかったですw

って、大沼が一番思い入れが深いのかな。えらく長くなっちゃったw
ブログランキング・にほんブログ村へ

(Visited 10 times, 1 visits today)